中学受験に挑戦するなら説明会には行くべし

夏休みの前後から秋にかけて、中学受験を行うところでは説明会や体験入学などを開催しているものです。たまに、これらに参加しておかないと合格がもらえないという話を耳にすることもありますが、デマだと思っておいて間違いないですし、仮にそんな学校があるのなら、はっきり言ってまともではないので、中学受験を受ける価値はないと割り切って、問題はないと思います。

ただ、見学はできるだけしておいた方が良いのは確かです。学園祭や体育祭などの催しものは自由に見て良いところが多いので、お子さんと一緒に行って、校内を回ったり、校風や先生方との相性はどうだとか、通学は困難ではないかを調べるのにはちょうど良い機会です。さらにうちの娘の場合で言えば、制服が可愛いからと、中学受験へのモチベーションが上がるという思わぬ収穫を得た経験もありました。六年生だからどうしてもこの時期は勉強に専念させたいというのなら、五年生の時にすませておくという手もありますし、説明会だけなら親だけで十分です。基本は土日が多いですが、学校によっては平日の昼間、または夜にやってくれるところもあるので、無理なく行けるように各学校のスケジュールをチェックしておくと良いでしょう。

傾向と対策をしっかり行う


【コンテンツ】