中学受験を基準にした塾選び。

私自身は公立中学出身なのですが、私の母が私立中学の出身でした。私自身も昔、母の母校の中学受験に挑んだのですが失敗していたため、娘が産まれた時点で母は私の娘、自分から見た孫に中学受験をさせるつもりでいました。もちろん、本人の意思もある所なので娘自身の気持ちを大切にしたい、と伝えていました。娘が小学生になる頃にはOB会や母の母校で行われる行事などに娘を同伴させるようになり、娘はすっかりその中学に行きたい、と強く思うようになっていました。

傾向と対策

娘の意思がかなり強かったため我が家の中学受験ライフは、親としては楽でした。勉強をより理解したい、と願う娘のために塾を選ぶ手間くらいしかかかりませんでした。そこまでして行きたい、と思っているのであれば自身の努力も大事ですがよりよい環境で勉強させてあげることが親の務めだと思い、娘の志望校に何人か合格者を輩出している進学塾数社を見学し、幾つかは無料体験させました。その中でも、志望校の情報を豊富に持っており、個別に対策を組んでもらえる個別指導塾を見つけ、そこに決めました。同じ中学受験でも、学校ごとに傾向があるようでその傾向に合わせ指導してくださるということが、一番魅力でした。

傾向と対策をしっかり行ったからか、娘は私と違い今ではその中学の制服がすっかり馴染むまでに成長しました。娘自身の意思が固かったことと、早めからの塾選びが受験に勝てた鍵だったと今は思います。